高齢一人暮らし買い物支援サービス

高齢者が集まる過疎の村では、近所のスーパーや商店街がなくなり、『買い物難民』『買い物弱者』と言われる人が増えています。

たとえ近所にお店があったとしても、一人暮らしで高齢になり、今まで乗れていた車に乗れなくなる、重い荷物が持てなくなる、お店の中が広すぎてよくわからなくなると、一人で買い物へ行くのが難しくなります。

老後一人暮らしの買い物支援サービス

このページでは、一人暮らしシニアの買い物をサポートしてくれるサービスを紹介します。

買い物支援サービスには、介護保険、NPO法人、シルバー人材センター、生協、ネットスーパー、コンビニ、他、見守りを兼ねた配達サービス、家事代行サービスがあります。

 

スポンサーリンク

介護保険の買い物支援サービス

買い物を手伝ってもらいたいと思ったら、まず最初に考えたいのは、介護保険のサービスです。介護保険を使って、ヘルパーさんに付き添ってもらう買い物支援と買い物をしてきてもらう買い物代行支援があります。

買い物支援⇒バスやタクシーに乗ってヘルパーさんと一緒に買い物へ。ヘルパーの自家用車に乗せていってもらうのはダメ。ヘルパーの交通費もこちらが負担する。

買い物代行支援⇒買い物をしてもらう。たばこやお酒、贈答品など日用品の嗜好品は認められない場合も。

介護保険を使うと1回買い物に安くいってもらえるというメリットがありますが、要支援など自立度の高い人には利用に限度があります。

同じように比較的安い価格で買い物支援や買い物代行支援をやってもらうならNPO法人やシルバー人材センターで聞いてみましょう。

NPO法人シルバー人材センターなら、日用品以外でも買ってきてもらえるところがあります。

 

スーパーの買い物介助サービス

近くにスーパーがある、タクシーやバスを使えばお店にはたどり着けるけど、スーパーの中で付き添いをして欲しい。そんな人には、買い物介助サービスを提供しているお店があります。

コープこうべ・・・ひじをのせて楽な姿勢で歩ける専用カートで、ボランティアの組合員が付き添ってくれる

イトーヨーカドー・・・買い物介助サービスの他、荷物を家までお届け、買い物をした後、別の場所へ連れて行ってくれるポーターサービス

がある

 

配達で買い物支援サービス

自分でわざわざ足を運ばなくても家に配達してくれる買い物支援サービスがあります。

 

生協の買い物支援サービス

生協=生活共同組合なら、家にいながら、ネットや電話、FAXで注文し、配達してくれます。自宅の目の前、玄関まで運んでくれ、送料も格安または注文金額に応じて無料になる場合も。

食品のみではなく、衣服、化粧品、洗剤やはみがきなどの日用品、キッチン用品、ガーデニング、ペット用品など幅広い商品が揃っています。

メリット送料が安いこと。ネットが使えなくても電話やファックスでも注文できること。デメリットは、注文してから届くのが1週間程度かかること。

有機野菜にこだわりたい人には、おいしっくすや大地宅配、らでぃっしゅぼーやなどもあります。注文してから届くまでの期間が短く便利ですが、高齢者というより、共働き家庭を対象としているので、送料、商品ともにお値段高め。

どんな野菜が届くのか試してみたい人はこちら


ネットでしか対応してないところもあるので、高齢者には、生協が便利。

生協自体が非営利(設けを目的としてない)団体なので、困った人を助けてくれるNPO法人と連携しているところもあります。そこで、買い物支援を頼むことも可能。

まずは気軽に資料請求 → おうちコープ( スーパーにも負けない、豊富な品揃え!関東・信越エリア最大の生協)
           → 生協の宅配パルシステム(関東を中心とした1都9県の組合員が利用する生協)

 

ネットスーパーの買い物支援サービス

注文したら、当日、または翌日すぐに届くのがネットスーパー。大手のイオンなどが対応しています。ネットで注文することが困難な場合には、代わりに家族に注文してもらうこともできます。

イトーヨーカドーのネットスーパーは、折込チラシと同じ価格でお届け。面倒なお魚調理も可で、最短4時間で届けてくれます。※一部対応していない地域もあります。

 

 

ネットスーパーではありませんが、トイレットペーパーや洗剤、ティッシュなどかさばって持ち帰るのが困難な日用品は、ロハコで注文すると、定期便やまとめ便があり、便利です。

ロハコは、イトーヨーカドーの生鮮食品と一緒に日用品やその他、無印良品やカルディコーヒー、成城石井など他のお店も一緒に入っているので、あちこち登録する必要もありません。

詳しくはこちら → LOHACO

ヤマト運輸の見守りサービス『まごころ宅急便』

一人暮らし高齢者の宅急便ネットワーク活用見守りサービス

ヤマト運輸と地方自治体、地元の企業、商店が連携した宅急便のネットワークを活用した買い物、見守りサービスが、『まごころ宅急便』

高齢者が社会福祉協議会に商品を注文し、社会福祉協議会がスーパーに発注、連絡を受けたヤマト運輸がスーパーに集荷に行き、高齢者に配達を兼ねて安否確認も行い、最後に社会福祉協議会に報告するという流れ。

“買い物代行”だけでなく、社協を介して、食べるものが偏らないようにとか、お金を使い過ぎないようにといった“生活の見守り”も行っています。同じ商品を何度も注文するお客さんの異変にも気付き、認知症の初期段階を発見できたこともあります。

近隣のスーパーの配達サービス

最近は、小さなスーパーでも近隣に配達してくれるところが増えています。指定の金額以上買うと配達料無料となることも多いので、サービスカウンター等で聞いてみましょう。

コンビニでも、電話、ファックス、ネットで注文すると翌日届けてくれるサービスがあります。フレッシュローソン・・・スーパー並の豊富な品揃えと価格

セブンミール(セブンイレブン) ・・・500円以上送料無料。お弁当やお惣菜も

 

家事代行サービスの買い物支援サービス

企業が行っている家事代行サービスの中にも買い物支援サービスがあります。

家事代行サービスは、時間制で、1時間3,000~5,000円ぐらいが相場。お値段が高いことがデメリット。買い物だけではなく、食事づくりや洗濯、お掃除、庭の手入れなど色々なことを一度に頼みたいときには便利なので、お金に余裕がある人は検討してみて下さい。

中には1000円代と安いところもありますが、時間が安いところは一度に頼むのは3時間以上など制約があることが多いので注意して下さい。
家事代行サービスは、

基本的には、共働き家庭の子育て支援で利用される事が多く、食事介助、排泄介助、入浴介助など介護介助、医療行為、からだに触れる介護サービスはできないところが多いのですが、介護サービスと連携したシニアのサポートがある会社の方が使いやすいです。

 

シニア一人暮らしの買い物支援サービスまとめ

  • 買い物支援を頼みたいなら、まず介護保険でできないかを検討する
  • 配達サービスを探す(近隣スーパー・生協・ネットスーパー・コンビニ)
  • 自分が店まで行けるなら買い物介助サービスのあるところを探す
  • 買い物だけではなく他の家事・介護と合わせて頼むなら家事支援サービスへ

 

 

高齢者一人暮らし支援サービス  トップページ

高齢一人暮らしの介護保険サービス

高齢一人暮らしの買い物支援サービス

高齢一人暮らしの食事支援・配食サービス

高齢一人暮らしの掃除支援サービス

高齢一人暮らしの片付け支援サービス

高齢一人暮らしを支援 成年後見制度

 

スポンサードリンク

投稿日:2017年1月24日 更新日:

Copyright© シニア一人暮らし準備ナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.