高齢一人暮らしの食事支援・配食サービス

一人暮らしで高齢になると、食事を作るということが負担になってきます。特に男性は、料理が苦手な方も多く、コンビニ弁当などで済ませて栄養が偏りがちに。

老後一人暮らしの配食サービス

炊事や家事が困難な人、外出が困難な高齢の一人暮らしの人が食事が作れない時にはどんな支援サービスがあるのかを紹介します。基本的に食事は自腹、介護保険適用以外の市区町村や企業の配食サービスがあります。

スポンサーリンク

介護保険の『食事』関連でできること

介護保険の『食事』関連でできることは、ヘルパーさんに

  • 食材の買い物を頼む
  • 料理をしてもらう(本人の分のみ)
  • 料理を手伝ってもらう
  • 食事後の皿洗いをやってもらう
  • 一人でも食べられないので介助してもらう

 

ことなどがあげられます。全部やってもらうのは楽ですが、手伝ってもらったらできるという場合は、一緒に買物へ行って、一緒に調理してもらうなど、できうる限り自分でやってみましょう。料理はメニューを考えたり、段取り力必要で頭を使い、手先も使うので、老化予防にもなります。

ヘルパーさんに手伝ってもらう以外で、介護保険を使うなら、デイサービスやショートステイを利用し、そこで食事提供を受けることができます。

介護保険は市区町村によって内容が異なり、一部、配食サービスの配達料のみ介護保険が適用される地域もありますが、食事代というのは、実費が基本。介護に食事は入っておらず、介護保険では適用されないことがほとんどです。

 

配食サービスとは?

食事が自分で作れない、栄養が偏ってしまう、高齢で一人暮らしという人向けに自宅まで栄養価の高いお弁当を届けてくれる配食サービスがあります。

配食サービスは、市区町村をはじめ、社会福祉協議会、NPO、ボランティア、企業などが行っています。

単にお弁当を届けるためのものだけではなく、

  • 食事をつくる負担を軽減
  • 見守り(安否確認)
  • 食生活の栄養面での支援

を目的とし、健康な体は健康な食事からということで、介護予防の役割も果たしています。

訪問介護でヘルパーが栄養のバランスを考えて作ってくれたとしても、一人分の品数を多く作るのは難しく、コストを考えると配食サービスの方が安いので続けやすいです。

 

市区町村の配食サービス

配食サービスを頼みたいと考えるなら、まずは、市区町村のホームページで、自分の住んでいる市や町に配食サービスがあるかどうかを調べましょう。

『○○市 配食サービス』で検索

または、役場や地域包括支援センターに問い合わせ。

各市区町村が、指定の業者と連携して、希望者にお弁当を配達してくれます。申し込みもホームページからできます。

企業が行う配食サービスのお弁当より安い場合も多く、一部の人には補助金がでるところもあります。一方、介護保険は適用されないにもかかわらず、介護度によって利用制限がある場合もあります。

 

NPOやボランティアの配食サービス

介護度に制限がない配食サービスを比較的安い金額で行っているのがNPO法人やボランティアの配食サービス。ボランティアといっても配送が無償なだけで、実質食事代はもちろん有償です。

安心、安全な食べ物を扱う生協などがやっている配食サービスは、食材にこだわりをもっている人にはおすすめ。

 

企業の配食サービス

配食サービスを行っている会社はたくさんあります。どこでどう頼んだらいいかわからないという方は、全国の宅配・配食サービスが比較検討できる、シニアのあんしん相談室‐宅配ごはん案内‐が便利です。

  • 価格や食事内容、配達方法など知りたいポイントを比較できる
  • 実際に食べ比べができる
  • 気になるサービスの資料を一括請求ができる

詳しくはこちら→ 宅配弁当・宅配食事サービスはどう選ぶ?選び方のポイント

やわらかダイニング

噛む力・飲み込む力が弱くなってきた人向けに、 見た目や味、まとまり易さ、飲み込み易さに配慮したやわらかい宅配食を 全国へ宅配するお店。

レンジで温めるだけでやわらかい食事が完成。作る人の負担を大幅に軽減し、食事自体がおっくうにならず、楽しめます。

やわらかさのレベルに応じて3つの食事コースがあります。 固い食べ物や大きな食べ物がやや苦手な方向けの食事から、 ムース状の食事まで網羅している為、幅広いニーズに対応。

 

まごころ弁当

高齢者向け配食サービス店舗数業界1位のお店。宅配は無料。配達時に安否確認もしてくれます。お弁当なしの安否確認のみのサービスもあり(1回250円)。

高齢者向けなので、一口大に食べやすくカットされていたり、とろみがつけてあったり。低塩分、低カロリー、低たんぱく食、ムース食といろんなタイプから選べます。注文はネットまたは電話にて。おかず+ごはんで320円~

 

セブンミール

セブンイレブンの宅配サービス。お医者さんと管理栄養士が監修した毎日替わる『おまかせ御膳』は1日ずつでもいけますが7日間セットで毎日申し込むことも可能です。

カロリー、塩分計算済みで野菜は100g以上使用、ごはんの量も選べます。ごはんなしのお惣菜セット『すこやか膳』もあります。こちらのいいところは、500円以上の購入で配達が無料になること。他にサンドウィッチや菓子パン、サラダ、おにぎり、野菜や肉、果物、セブンプレミアムのパック惣菜、牛乳、ビールなど扱っている商品ならなんでも一緒に届けてくれるというところ。

介護保険のお買い物代行だと、嗜好品は購入してもらえませんが、ビールとお弁当と一緒に注文できるのもいいところ。少し調理もできるけど、お弁当の日も・・というような使い方ができます。ネットだけでなく、電話、fax、登録したお店で注文できます。

 

食事・配食サービスまとめ

一人暮らしで料理に負担を感じたら

  • ヘルパーさんに手伝ってもらう
  • デイサービスやショートステイで食事提供をしてもらう
  • 配食サービスを利用する
  • 配食サービスは市区町村で行われているところも多い
  • 企業の配食サービスは制限もなく誰でも利用できる

 

 

高齢者一人暮らし支援サービス  トップページ

高齢一人暮らしの介護保険サービス

高齢一人暮らしの買い物支援サービス

高齢一人暮らしの食事支援・配食サービス

高齢一人暮らしの掃除支援サービス

高齢一人暮らしの片付け支援サービス

高齢一人暮らしを支援 成年後見制度

 

スポンサードリンク

投稿日:2017年1月27日 更新日:

Copyright© シニア一人暮らし準備ナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.