老後のつながり

一人暮らしの老後は、自由で気楽、快適な反面、突然の病気、怪我、災害、孤独死などさまざまなリスクを追っています。老後も健康で元気に過ごすためにもっとも大切なのは『つながり』

地域の友達との関係を深め、インターネットを通じて、全国や世界に友達を輪を広げていけば、老後になっても社会的な活動の場を持て、生きがいも発見でき、いざという時には助け合うことができます。

孤独死は悪いことだと思われがちですが、一人暮らしの人が住み慣れた自分の家で亡くなることは、自然なことで、そんなに悪いことでもありません。

ただ、亡くなってから何日も発見されなかったり、一人で倒れていて誰も助けてくれなかったら辛いものがあります。遺体の発見が遅れて、遺体が傷むと、遺族などに多大な迷惑をかけることになってしまいます。

不必要な迷惑をかけないために、何より早期発見をしてもらうために必要なのは、いわゆるセールティネット(安全網)。想定されうるリスクを受け取る、網のような対策を事前に準備しておくことが大事です。誰かとつながっていることで、発見が早くなったり、助けてくれるかもしれません。

老後の孤独はお金がないことよりも危険なのです。

老後一人暮らしの人が、孤立しないための親戚や友人とのつながり方、シニアの地域デビュー、SNS活用、見守りサービス。またひとり暮らしで不安な人のための成年後見制度について紹介しています。

 

画像クリックすると目的のページに移動します

シニアのつながる習慣
シニアのまわりとつながる習慣
孤独死・孤立しないための周りの人とつながるための習慣を持ちましょう。つながる方法とは?


シニアの親戚・友人のつながり
老後に孤立しないために、たよりになる親戚や友人の連絡先をまとめておきましょう。親が一人暮らしの場合の把握方法も紹介しています。

一人暮らしを支援 成年後見制度
高齢一人暮らしを支援 成年後見制度
老後に孤立ししないため、自分の判断能力が低下した時に誰にどのようなサポートをしてもらうかを自分で決める制度

シニアが孤立しないスマホ活用術
シニアが孤立しないネット活用術
老後孤独にならたいための、スマホやタブレットを使ったネット活用術を紹介しています。

シニアの地域デビュー
シニア孤立しない地域デビュー
老後に孤立しないための地域とのつながり。ご近所さんとつながる方法・地域デビューについてはこちらから

高齢者の一人暮らしの見守りサービス
シニアが孤立しない見守りサービス
孤独死しないために、安否確認、緊急通報、定期訪問、電話などをしてくれる高齢者向け一人暮らし見守りサービスはこちらから

スポンサードリンク

投稿日:2016年11月15日 更新日:

Copyright© シニア一人暮らし準備ナビ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.